さとこ虫ブログ

イラスト制作を中心に活動する、さとこ虫ワールドを綴っていきます。

2021年 カード解説「キオクは作られる」

さとこ虫です。

15枚目のカードになりました。

「キオクは作られる」

 

f:id:dolphinsatoko:20201230084451j:plain

 

 

自分に聞いてみます。

 

あの時の体験は本当に傷つけた?

本当は自分が痛かっただけかも。

 

あの人は、そんなに傲慢だった?

彼は一生懸命で周りが見えてなかったのかも。

 

あの時代が最高で戻りたい?

本当に自分を鍛えてくれたのは今じゃないかな。

 

私は今年で54歳。

それなりにいろんな体験をしてきた。

そう思えるのは記憶があるから。

 

でもその記憶って自分の感情と結びついている

作られたキオク。

 

あってもなくてもいいと思うんだけど、

キオクに縛られて、今の自分を 決めつけてはしないかな。

キオク にインプットされた あの人を見ていないかな。

 

人はいとも簡単にキオクを作り、持ち続ける。

 

 

キオクを払拭することは できないかもだけど

自分が、その時の感情と共に作ったキオク 

だって知っていることは

自分の視野を広げてくれるかもしれません。

 

そして キオクから生きる人生を

手放していくときかもしれません。

 

 

今回は 余談なし 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年 カード解説 「わからない」

さとこ虫です。

あと2日しかないので、さあ解説です。

「わからない」

 

f:id:dolphinsatoko:20201230082827j:plain

 

「わからない」って、わからない、ですよね~
って年末までに何度か話しました。

 


「わかっている」と安心する傾向って人間にはあると思うんです。
わかった!の快感というか。

自分ごとですが、よくよく自分の子どもに対しても

「これは~じゃない?」とか言ってしまいます。
いやもっとキツイな。「これは~やろ!(筑豊弁?)」



わかっている、と思っていることは、「きめつけている」ことだったり

じぶんが「正しい」と思っていることだったりします。トホ。

それを握りしめている自分の解放だったりします。

なので、わからないままにしておく。そして
わからない 自分を受け入れる。

どうしていいかもわからない、ときも来る。

その時はそれをそっとしておく。

そして、わかっているつもりになっている自分の愚かさをいつも身近に置いておく。

ほんとにこれは自分へ言ってます(ほとんどどんな言葉も)

きっと2021年もわからないことはたくさんあるはずでしょう(笑)

もう、わっかんないわ〜わはははは! でいきましょう。

大抵の問題は問題でなくなります。

 

 

2021年 カード解説「やがて..」

さとこ虫です。
2020年カレンダーも残すところあと2日。
今日は満月。日本全国的に冷え込むそうですね。
10年以上前になるかなあ。お正月に雪が積もってました。
皆様に被害の及ばない寒波でありますように。

さてカードは順調に(のんびりし過ぎ)
あと4枚を残すところとなりました。

ご自分のところにやってきたカードの解説を

待ってくださっていらしたら、ほんとにお待たせしました。

 

「 やがて ..」

 

f:id:dolphinsatoko:20201230080319j:plain

 

言葉の意味は、そのうちに。まもなく。じきに。

など、状況などが変わっていくさま、って使い方が多いように思います。

やがて春になり、、とか
やがて回復し、、
など自分が行うというより、自然な形で変化していく。

いつも似たようなことを書いてますが、私たちは自分が自覚しているより、たくさんのことに影響を受けていて、いろんな因果関係のもとに暮らしてるんだろうと思います。
そうであれば、自分の力でどうこうする事などは、ほんの一部でしかない。

生まれて、この世を去ることが一生だとしても、それを自分の力でどうこうする人は、そう多くはないのではないでしょうか?
自分の力でやれることは行うのだけど、それ以外の作用も加わって
やがて、いろんなことが変化していく。


やがて、困ったことが起きたり、それを受け入れなかったり、受け入れたり
やがて、ラッキー!と思うことが来たり、それに舞い上がったり、

厳しめの言い方だけど、やがていいほうに向かうとかだけではないと思うのです。

いいこと、わるいこと、などを超えたところに

どっちでもいい、やがて変化していくんだ。
みたいな 緩やかさがあるといいなと思います。

投げやりで、もうええわ!ってことでなく、物事はいずれ変化していくものだから、と
どんなことでも受け入れていく感じでしょうか。
そうすると、変化にも落ち着いて対応できるんだろうと思います。

やがて、新しい年がやってきます。



《余談》もう大掃除も、おせちも あきらめた方へ

 

やがて の言葉を調べると語源は古く、古文の中にも多くありました。

(古文は学生時代、まったく興味がなかった)

徒然草 七三

「言ひたきままに語りなして、筆にも書きとどめぬれば、やがて定まりぬ」

[訳] 言いたい放題にとりつくろって巧みに語って、それを、文章にも書き付けてしまうと、そのまま(事実として)定着してしまう。

昔も今も変わらず、ゴシップ記事やスクープ記事の捏造みたいなことはあってたんでしょうかね。話を盛るって感じかな~。



ほかにも調べていくと、松尾芭蕉の句に

「やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声」

というとても奥深い作品がありました。
奥深すぎて、ここで意味は書けませんが、ご興味のある方は お調べください。(不親切、、)

 

さて 皆さんは今頃、何してるんだろうなあ。。。。

 

 

 

2021年 カード解説「緑の中」

年末になり抜歯した さとこ虫です。

 

16枚目の最後のカード。

「緑の中」

 

f:id:dolphinsatoko:20201230215657j:plain



緑(植物)に近づいてみる。

林や森や山に身を置く。
外を歩けば、垣根の緑の変化に気づく。
車の中からでも緑を感じてくる。(わき見運転注意)
小さな植物にも、大いなる世界があると気づくような時間を持つ。


だんだん、、、
どんなに自分が、頭でどうにかしようとしていたか
感情にうまってしまっていたか
誰かの支配のドラマにいたのか
問題でないことを問題にしていたことを

知るでしょう。


そして、
緑(植物)の力、
土の力、山の力、風の力、陽の力を

感じるでしょう。


風の時代だ、のフレーズで言い聞かせることなく

自分の中に緑たちの力を加えることに意識を向けていく。



、、なわけではないケロ(笑)

 



《余談》
正月を迎える用意がすべて整った方、全て諦めた方、

諦められないけど私のように逃避型(笑)の方へ

 

 

解説を書く順番は、1番目の「neutral」以降、

15枚を3回シャッフルして決めていました。

この自然回帰決定版のようなカードが最後とは!
一番わかりやすい、イラストも そのまんま、って感じがします。

ただ解説を書いていて、このカードはそんな真意だったのかと思うこともしばしばでした。

毎回、カレンダーのイラストも、カードのイラストと言葉もやり直しなしの一発勝負。
何回か描きなおすとエネルギーが薄れていくのを感じます。
下手でもかっこ悪くても、画家とは思ってないし、そのままを出すようにしています。

そのことからか、カードにじっくり向き合わないと
私もイメージが出てきません。

自分が落とし込むためにこの解説が始まったのかもしれません。

2020年は皆さんとのカードの向き合い方、いかがだったでしょうか?
2021年もどう感じていらっしゃるでしょうか?

感想、体験談、質問、何かありましたら、dolphinsatoko@gmail.com

までメッセージをお待ちしています。


2021年を祝福に包まれ、Neutralにバランスを取り、

おだやかな状態で過ごせますように!

2021年 カード解説「なんとなく」

さとこ虫です。

 

クリスマスが終わると、新年を迎える準備一色な日本。

そう思い込んでいたのは、自分であって。焦ってばかりで。

意外と結構のんびりしている人もいる。

 

(正月前を気にしつつも、いただいたシュトーレンを中心に心和むもので囲んでみた図)

f:id:dolphinsatoko:20201228024024j:plain

大掃除も、買い物も、年賀状も

ほどほどに、くたびれないように、

心がけるようにしました。

まあ、それでも気になったりしますね。

 

 

 

さて、カード解説です。

「なんとなく」

 

f:id:dolphinsatoko:20201228022727j:plain

 

なんとなくの感覚を信頼する。

 

もう結論から言ってしまったので、

大掃除をサボる気の人はこの先を。

 

なんとなく、

なんとなーく、

昔からそう思ってきたことは

かたちになってきた。

 

「理由」じゃなく、「目的」でもなければ

「条件」でもない。

なんとなく感じていることは、

自分でも気づかないところに

結びついている気がする。

 

(わたくしの文章、気がする、が多い気がする)

 

思考を超え、感覚に触れること。

それが なんとなく。

「なにということではなく」

 

そう、感覚は透きとおった 何もない

ところからやってくる。

なんとなくそんな気がする。

 

 

カード解説「見たいようにしか見ていない」

さとこ虫です。

 

Merry merry Christmas 🎄

エス様は今の世をどのように見ておられるのでしょう。

 

見ている、、といえばこのカード、です。

(つないだ、つないだ)

 

「見たいようにしか 見ていない」

 

f:id:dolphinsatoko:20201224042458j:plain

 

人はみたいようにしか 見ていない。

 

それがいいとか悪いとは違います。

ただそのことを自覚しておく。

 

あらやだ素敵だと思うことも、

やな奴だ、ちー!って思うことも

なーんだ、普通、

世の中最悪だ!

この人素晴らしい!

このカレンダーとっても価値がある!

ってことも、そう自分が見たいから。

だと思うんです。

 

だって、他の人から見たら違って見える。

価値も、善悪も。

 

それが絶対的ではないし、真実ではないし。

ってことを自覚しておく。

 

に尽きる。

 

 

と言うことは

 

みんな全て

まぼろし〜〜〜!」

なんだ

に尽きる。笑。

IKKOさんもチョコプラも知ってたんだ!

 

みんな幻、ってとこまで自覚できたら

その世界をどう生きるかも自由、なんでしょね。

 

結構深いゾーンになるお話になりました。

 

聖なる夜に、幻ではない

空を飛ぶそりとトナカイとサンタに会えるかもしれません。

 

 

 

カレンダー カード解説「微細なもの」

さとこ虫です。

もうすぐメリークリスマス。

カフェで学生バイトをする娘がケーキの作業で

深夜まで帰ってこない夜。もう3年目。そんな夜です。

 

さとこ虫カレンダーも、友人や知人のお店やサロンで

取り扱ってくださり、いろんな方々に届けられます。

 

その方達のおかげで、2003年から続けてこれました。

なんとありがたいことでしょう。

ありがとう ございます。

(文字に込められているのか もどかしい)

 

 

10枚目の解説になるカードは、

 

「微細なもの」

 

大変なことに気づきました。

微細の「微」が 

カードは「徴」になってます。あらら。。。

 

f:id:dolphinsatoko:20201224021511j:plain

 

微細なものに気づいている。

その大切さに気づいている。

 

私たちはきめ細やかな粒子に囲まれてる。

自分たちだって、そんな粒子でできている。

 

それは、日々の約束事をこなしていくことに

気を取られていると気づかない。

 

ゆっくり息をして、

木々の隙間から、

雲の端っこから、

水の揺らぎから、

夕飯の支度の白菜の重なりから、

 

もやもやもやーっと、

動いている存在に出会うこと。

 

その微細なものは、

自然の中だけでなく、

(ましてや神社仏閣に行かないと見えないわけでなく)

 

普段使っている眼鏡や、

リモコン、

子どものおもちゃ、

車、建物、場所、、、

そんなモノからも

発せられていることにも

気づいてくる。

(時折、そのノイズのようなものにも気づいてくる)

 

 

解決するはずもない考え事に

頭をいっぱいになっている時は、

微細なものは動いてこない。

 

それらの存在にきづくこと、

それは、一つの悩みより

重要なこと、に感じます。